アロマターゼ阻害薬の効果と作用機序

アロマシン:代替品、副作用、投与量など - 医療の -

ノルバデックスで体重増加 ~オムロン体組成計で管理~ | Soraの欠片

食欲増進(体重増加)、ムーンフェイス、月経異常、血栓症 など ・メドロキシプロゲステロン (商品名:ヒスロンH) 真の奇跡の薬!!」 乳がんの場合 「同じ性質と目的の3種類の異なる薬を服用しました。これは最も軽度の副作用があります。吐き気、汗、不眠症、頭痛、関節痛、食欲増進、嗜眠、めまいは、私が経験している副作用の一部です。 食欲増進(体重増加)、満月様顔貌、子宮出血、浮腫、血栓症、月経異常 など ★これらの薬剤を使用し、何らかの異常や気になる症状が起こった場合は、すぐに医師、薬剤師に相談してください。 女性ホルモンの一種で、この薬剤を飲むと食欲が増進し、体重増加が起こります。 抗エストロゲン剤の中で、ノルバデックスは体重増加が起こりやすい薬です。アロマターゼ阻害剤(アリミデックス、アロマシン)とlh-rh拮抗剤はそれほどではないようです。

【刃牙】飯テロ


女性ホルモンは、女性らしい体つきにしたり、妊娠や出産などにかかわったりする大切な物質です。また、骨を丈夫にしたり、血液中の脂質を抑えて動脈硬化を予防したりする作用もあります。  女性の健康にとっては、必要不可欠な女性ホルモンですが、こと乳がんにおいては、負の影響が知られています。がん細胞のタイプによっては、女性ホルモンの作用によって、増殖してしまうのです。  乳がんにはさまざまなタイプがありますが、女性ホルモンの作用で増殖するのは、核のなかに女性ホルモンを受け入れる受容体(レセプター)が存在している(ホルモン受容体陽性)がんです。  そこで、ホルモン受容体陽性タイプの乳がんに対しては、女性ホルモンの分泌を抑えたり、働きを止めたりする薬を用いて乳がんの増殖や再発を抑えるホルモン療法(内分泌療法)を行います。  ホルモン受容体があるかどうかは、乳がん組織を調べればわかります。女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞(らんぽう)ホルモン)とプロゲステロン(黄体(おうたい)ホルモン)の2種類がありますが、検査では両方の受容体を調べます。エストロゲン受容体(ER)、プロゲステロン受容体(PgR、PR)の二つとも陽性の場合はもちろん、どちらかが陽性であればホルモン療法が有効な患者さんと判断し、治療を行います。ホルモン療法の対象となる患者さんは乳がん患者さん全体の約7割を占めています。 ロアマシン.

ホルモン受容体陽性の乳がんに対してホルモン療法をすると、再発を予防できる効果が高いことが、多くの臨床試験で明らかになっています。  たとえば、タモキシフェンを5年間服用したグループと、服用しなかったグループとで、10年間にわたって比較したところ、リンパ節転移の有無にかかわらず、服用したグループのほうで再発しない率を上げるという結果が出ました。また、50歳以上でタモキシフェンを使うと、ある1年間に再発するはずであった患者さんの割合を約50%減らせることがわかっています。抗がん薬が20%ですから、それと比べると大変高いことがわかります。50歳未満でもほぼ同じ傾向が出ています。  これだけの「力」が認められたからこそ、手術後に行うホルモン療法が標準治療になったともいえます。しかもホルモン療法の場合、服用期間を過ぎても効果が維持されることが知られています。これは抗がん薬ではみられない、大きな利点です。  ただ、ホルモン受容体陽性の乳がんは陰性乳がんに比べて、手術後3年ぐらいまでは再発リスクが低いのですが、それ以降は陰性乳がんより再発リスクが維持されてしまいます。そこで、5年を過ぎても治療を継続したほうがいいのではないかとも考えられていて、その臨床試験が現在進行中です。.

ホルモン療法で使う薬も、抗がん薬ほど急激なものではありませんが、副作用があります。多くは女性ホルモンの作用を抑えられて急激に体内のホルモン環境が変わることによって生じるもので、更年期におこるような症状が特徴です。  代表的な副作用は、のぼせ、ほてり、発汗、頭重感などで、数週間から数カ月、場合によっては年単位で続きます。体が新しいホルモン環境に慣れれば、次第に症状は治まっていきます。またうつ症状が出たとき、抗うつ薬のパロキセチン(商品名パキシル)はタモキシフェンを使用している患者さんでは薬の効果を下げてしまう可能性があるので、使うことはできません。  タモキシフェンを使うと、子宮体がんになるリスクが数倍高まるとされています。ただし、実際には一般の女性が子宮体がんになる率は1000人中3~4人なので、それが10人前後に増える程度です。年に一度、子宮体がん検査を受けることが勧められていますが、明確な根拠があるわけではありません。私自身は、定期的な検査の必要性は低いと考えており、それよりもむしろ、体の変化に注意するように患者さんには伝えています。不正出血などいつもと違う症状があったら、すぐ婦人科を受診することが大切です。  そのほかに、まれに白内障が進行したり、味がわかりにくかったりするようになることもあります。  アロマターゼ阻害薬は、長い間、服用していると骨がもろくなる骨粗しょう症が心配されます。一定期間ごと(半年~1年)に骨密度を測定して、必要に応じて骨粗しょう症の薬を飲むことで予防できます。  また、関節痛もおこりやすい副作用です。朝、手がこわばる、歩くときにひざが痛くなるといった症状が代表的で、「ギシギシと油が切れたような感じ」と表現される患者さんが多いようです。鎮痛薬や理学療法で対応することもありますが、なかなか改善されないことも事実です。日常生活に影響が強い場合は、ホルモン療法薬の種類を変更することもあります。.

監修者 佐治重衡(さじ・しげひら)先生 京都大学大学院医学研究科 標的治療腫瘍学講座特定准教授 1968年岐阜市生まれ。1992年岐阜大学医学部卒業、東京都立駒込病院臨床・専門研修医、岐阜大学医学研究科院生、埼玉県立がんセンター研究所研修生、カロリンスカ研究所博士研究員、M. アンダーソンがんセンター短期留学、都立駒込病院乳腺外科・臨床試験科医長、埼玉医科大学国際医療センター腫瘍内科 准教授を経て、現在に至る。専門分野は乳がんに対する内分泌療法の臨床・基礎研究。エビデンスを創出するがんチーム医療の確立を模索している。.

関連記事リンク 「最良の方法を整えていくのが医療者の責任」大住省三先生インタビュー 「満足いく再建のためにも、まず命ありき」坂東裕子先生インタビュー 乳がんの「乳房再建(人工乳房)」治療の進め方は?治療後の経過は?. 乳がんの基礎知識 乳がんの種類 乳がんの罹患率と生存率 乳がんの症状 乳がんの検診. 乳がんの検査・診断 乳がんの画像検査 乳がんの細胞・組織検査 乳がんの遺伝子検査 乳がんの診断. 乳がんの治療 乳がんの治療選択 手術 乳房再建 放射線治療 薬物療法 ホルモン療法(内分泌療法) 化学療法(殺細胞性抗がん剤) 再発・転移. 乳がんの予防と生活 乳がんの原因 乳がん予防 乳がん予後 QOL.

最新のがん医療情報をお届けします。 無料で 会員登録. 会員の方はこちら ログイン.